婦人

どんな方にも効果を発揮|レーザーを使ったにきび跡治療

整った顔立ちを作る

鏡を見る婦人

ホームケアで満足度を得る

頬のたるみは老け顔の印象を作る原因の1つで、整形術は年齢を重ねた女性を中心に注目されています。頬の脂肪を支える表情筋の衰えも加わることでたるみを引き起こすため、筋繊維を鍛えるために高周波と低周波による刺激でアタックする美容機器が支持されています。さらにリフトアップに貢献する機能性ペプチドなど、有効成分を導入してたるみに負けない即効性の高いケアも可能です。特に美顔器は整形術ではマストアイテムで、美容整形においても導入されていますが、じっくり手間をかけたい場合にはホームケアも可能です。効果的なのは修復型ヒアルロン酸などの化粧品との併用で、満足感が得られるまでケアに努められ、シワや乾燥対策にまで繋げられる利点が挙げられます。

糖化や酸化も原因

正面顔よりも横顔はたるみが目立ちやすく、頬がたるむことによってほうれい線や口の両脇から下にできるマリオネットラインにまで影響してしまいます。頬のたるみの原因には加齢が挙げられますが、追い打ちをかけるのが真皮の肌のハリを維持するコラーゲンやエラスチンの弾力を低下させる糖化と酸化です。さらにヒアルロン酸の不足による乾燥が加わることで肌は一気にたるんでしまう特徴が挙げられます。こうしたたるみの要素は密接に関係しているため、全てに対策できる美容整形は評価されています。たるみ予防にも多角的にアプローチでき、肌のコラーゲンやエラスチンの硬化を軟化させたり、抗酸化成分を肌に導入する整形法などが提案されています。