女性

レーザーを使ったにきび跡治療の評判が良い

整った顔立ちを作る

鏡を見る婦人

整った顔立ちを作り出す整形術は、頬のたるみも改善させることができ、加齢に悩む女性から注目されています。たるみに立ち向かう美容成分を肌に導入するだけではなく、刺激を加えることによりリフトアップ効果や糖化などの健康美にも働きかけることが可能です。

詳しく見る

整形の効果

医者

美容外科では美のための治療や手術が行えます。元々のパーツの根本を変えることができるので、メイクでの限界を超えることが可能です。美容外科によってアフターサポートや費用が異なりますからリサーチしてから受けましょう。

詳しく見る

組織を新しくする治療

美容整形

にきび跡、傷跡、妊娠線、肉割れ、刺青などの深い組織のダメージに対して高い効果があるのがレーザー治療です。傷ついた組織にレーザー光線を照射すれば、組織が熱で火傷をおった状態になります。そうすることで新しい組織が再生しやすくなります。フラクショナルレーザーは、ニキビ跡のクレーターや傷跡の修復によく使われています。フラクショナルレーザーといっても沢山の種類があり、旧式タイプは痛みが強く、ダウンタイムが長いという欠点がありました。しかし、新しいタイプのフラクショナルレーザーは改良が進んでおり、麻酔をしなくても照射できるほどです。また、ダウンタイムも短いので、日常生活に支障なくしっかり治療が受けられます。

にきびの治療とにきび跡の治療では、治療できる場所が違います。フラクショナルレーザーを使用したにきび跡治療は、基本的に保険給付の対象外の治療となります。そのため、自由診療(100%自己負担)がメインの美容外科や美容皮膚科で受ける事ができます。一般皮膚科は保険給付対象の治療がメインなので、にきび跡のレーザー治療ができない場合が多いです。稀に一般皮膚科と美容皮膚科が併設してあるクリニックもあります。しかし、日本では保険給付の対象になる治療と、保険給付の対象外の治療を併用することが禁止されています。そのため、ニキビの治療は保険治療でして、ニキビ跡の治療は別に診察を受けて保険対象外でする、という感じになります。

ほくろのレーザー治療

鏡を見る女の人

美容皮膚科では炭酸ガスレーザーを使用してほくろ除去ができます。レーザーを照射したあとは、ほくろがあった部分がやけどをしたようになります。皮膚の色が周りと同じようになるまでに、ある程度の時間がかかります。

詳しく見る